他社で断られた人にもお金貸しますというキャッチフレーズ

MENU

他社で断られた人にもお金貸しますというキャッチフレーズ

貸金業者などからお金を借りようと思って業者探しや商品選びをしていると、時々、「他社で断られた人にもお金貸します」というようなキャッチ・フレーズが目に止まることがあります。

 

私もまた、何度か見かけました。それは審査落ちばかりして困っている私のような者には、確かに有り難い話です。

 

それはそうでしょう。
何しろ借り入れというものは、どんなに強く望んでも審査に通らないことには利用できないのです。それで私も、そのような業者に申し込んでお金を借りようと思ったことがありました。

 

しかし、街角で手に入れたその業者のビラをよく見ると、一見すると普通の消費者金融のように見えるそのビラには、貸金業登録番号が見当たりませんでした。それで私はピンと来たことがありました。
それは、「もしかしたら、この業者は闇金のような恐ろしい悪徳金融かもしれない」ということでした。

 

それでも私はダメ元で連絡してみようかどうか迷ったのですが、結局、怖かったので止めておきました。と言うのも、以前、闇金みたいな変な業者からお金を借りて苦しんでいる知人がいたことを思い出したのです。

 

それで、「あんなふうにはなりたくない」と強く感じたので連絡も取らずにスルーしたのでした。私は結局、別の中小の貸金業者からお金を借りました。

 

やはり「他社で断られた人にもお金貸します」という業者には、リスクがあるので心配です。そのリスクとは、闇金かもしれないリスク、そしてもう一つ、闇金ほどではなくても高金利かもしれない、というリスクです。

 

悪徳業者は実在します。あまり名前の知らないところで借りるのは怖い感じがします。でも街金の方が審査もそうですが借りやすいような気はします。
問題はどこから借りるかです。信用のおける情報を探すのも大変です。ちゃんとしてところはいくらでもありますので申込の時に支払いについてや金利についてはしっかり聞いた方が良いです。

 

本当にお金に困っているときは判断を鈍らせますが、そういう時ほどしっかりしないと多重債務どことでは済まなくまりますからね。

 

 

お申し込み