どんな状況でも、どんな職業でもお金は借りられる体験団

MENU

どんな状況でも、どんな職業でもお金は借りられる体験団記事一覧

夫の仕事の関係で、急に転居することになりました。東京から岡山まで家探しの新幹線代、宿泊代、さらに転居先の敷金、家賃などの支払い、また、遠隔地への引越し代も送るものが多く、経費も結構かさんでしまいました。その後、再度、新幹線で夫婦二人移動分を払わなければならず、どうしてもお金が足りません。そこで、どこかで借金しなければ仕方なく、たまたまジャツクスカードの会員だったので、キャッシングでお金を15万位借...

私は34歳のサラリーマンです。今の会社は2社目です。初めの会社は大学を卒業して直ぐに入ったシステム開発の会社でした。職種はシステム営業です。会社は大阪の梅田にあったので、阪急電車で通勤していました。システム営業の仕事は、有る程度コンピュータやシステムに精通したスキルが求められましたが、私はあまり勉強をしなかったので、ついていけずに3年目で転職しました。転職した会社は、スーパーに食材を卸している会社...

友人から聞いた話です、友人の妹は専門大学に進んだそうなのですが、その時、最初に受験したところを落としてしまったそうです。求める条件に合った他の学校をなんとか見つけたようなのですが、入学金とそろえなければならない教材費や経費に彼女の親御さんは大変驚いたそうです。「専門はお金がかかる」と噂に聞いていたようなのですが、それだけではなく、どうやらその妹さんは学校を選ぶ際に学部とは別に所属したいサークルがあ...

一昨年、新たに家を借りた時の話です。どうしても引っ越して来て住みたい家を見つけ、借りることに決めました。そのためには敷金やら礼金やら保証金やら、数百万円が必要でした。しかし運の悪いことに私もつれあいも失業中の身(だからこそ、その保障として通例より多くのお金が必要だったわけですが)。そこそこ貯金はあったものの、かなりの額が不足しています。足りない分は一時的に誰かに用立てもらわないといけません。いわゆ...

私は今年4月から現在に至るまで会社を休職しています。4月は3月働いた分の給与が振り込まれたので何とか生活できましたが、5月以降は完全に収入がない状況です。休職に入る直前に総務から給与は発生しない、税金等の支払請求書は人事から郵送されるということは聞かされていたので、休職期間中の生活費をどうにか確保しておかなければならないということはうすうす感じていました。しばらくは銀行預金の残高内で生活できました...

じぶんは現在でありますが、29歳の男性会社員をおこなっております。これはじぶんが25歳のときの体験談となっておりますが、じぶんがパチンコやスロット、競馬、競艇といったギャンブルにどっぷりとはまっていた時期がありました。そのおかげで今まで貯金をおこなったお金なども全て使い果たしてしまい、そのときにアコムさんから50万円ほどのキャッシングをさせていただきました。じぶんがギャンブルにはまってしまった理由...

私は、30代の男性会社員です。ギャンブルにはまってしまい、消費者金融から借金をしました。最初に借金をした金額は、30万円が限度額で借りることができました。初めて消費者金の無人契約機に行ったときは、何を準備していけばいいのかわからず、担当の方に詳しく聞きながら契約を進めていきました。もちろん、初めて消費者金融からお金を借りることになったので、審査も問題なく通ることができました。運転免許証は持っていた...

貸金業者などからお金を借りようと思って業者探しや商品選びをしていると、時々、「他社で断られた人にもお金貸します」というようなキャッチ・フレーズが目に止まることがあります。私もまた、何度か見かけました。それは審査落ちばかりして困っている私のような者には、確かに有り難い話です。それはそうでしょう。何しろ借り入れというものは、どんなに強く望んでも審査に通らないことには利用できないのです。それで私も、その...