生活費のために初めてのカードローン

MENU

初めてカードローンを利用した理由は生活費でした

今までにお金を借りた経験は数回ありますが、今回はカードローンを利用した経験談について語らせていただきます。

 

初めてローンカードを作ったのは、当時会社の給料の振込み先として指定していた地元の地方銀行のローンカードを申し込みました。

 

契約する時には、借入限度額が「100万円まで」・「50万円まで」と自由に選択できましたので、そうそう大きな金を借りる必要性はなかったので、「50万円まで」を選択しました。

 

銀行のローンカードを契約した理由は、その当時は実家暮らしではありましたが、給料の手取りは10万円を少し超えた程度でした。

 

手取りから5万円を実家に入れて、その残りから自動車のガソリン代などの維持費用・携帯代・生命保険料などを支払っていましたので自由に使えるお金は2〜3万円でした。

 

自由に使えるお金から昼食代などを支払っていました。普段なら、上手く節約すれば1万円程度が余りそれを貯金に回していましたが、飲み会があったりしますと生活がギリギリです。

 

借入の主な目的は、生活費の補てんであり、年末年始や春の時期ですと普段の月よりも飲み会の回数が多くて、それらを捻出するために借り入れをした事がよくありました。

 

返済回数については、1回の借り入れに対して12回を指定して返済していました。

 

思わぬ事故で支払い不能に、借金を親にもバレてしまいました

思わぬ事故で支払い不能に、借金を親にもバレてしまいました

 

借金の利息は高かったのが印象的に残っていました。とある年の師走に自分自身が交通事故を起こしてしまい、相手方に弁償に行ったり仕事が忙しかったりなどして、ローンの返済日に入金するのをうっかりと忘れてしまい口座引き落とし不能になってしまった事がありました。

 

直ぐに金融機関から自宅に連絡が行き、親などに内緒にしていた借金がバレてしまいました。

 

借金総額は30万円前後てはありましたが、月収に対しては2倍以上の借入を借入していた事実が判明しましたので、大きな単位の借金はしないと心で誓いました。

 

むしろ、借金の状態が比較的軽い状態で周りにバレてしまいましたので、反省するきっかけにもなりました。それ以来は、大きな借金はしていませんし、安易な借金は身を滅ぼしてしまうという事実を身近な人から通して知り得た事がありましたので、安易な借金は怖いなと改めて感じました。

 

しかしながら生活はそう楽になることはないのです。ですからお金が足りなくなることもしばしばです。

 

そんなときは仕方なく借ります。支払いを不能としています。これだけではブラックにはならないようです。
しかしいろいろと付き合いがあり出費が重なると複数のところから借り入れをしてしまいました。

 

それほど大きな借り入れではないので支払いも問題がないと考えていますが、それでもお金が足りないときは借りるところを探すのが大変です。

 

でもこういう状況でもお金は借りられることに驚きました。ちゃんと返せば借りられる。
大手では銀行や消費者金融でも難しいことでしょうか。それが出来るところもあるんです。

 

もし私のような状況や、もっと大変な状況でも借りられることでしょう。
そんなときに利用するのもいいかもしれません。くれぐれも支払いがあることだけはお忘れなく。

 

お申し込み

関連ページ

東京から岡山に引越しする費用が不足!
転職した会社が車でしか通えないので、お金を借りて車を買いました
専門大学はお金がかかる
失業中新たに家を借りた
無収入の休職期間は金銭的メリットなし
ギャンブルにのめり込んだ自分はお金を借りるところはあるのか!
ギャンブルで借金、最終的に中小の消費者金融が良かった
他社で断られた人にもお金貸しますというキャッチフレーズ
多重債務でブラックになってしまいました
同じ色したキャッシュカードの罠
欲しいが止まらず組んだローンで…
喘息で空気清浄機を買ったのですがローンが払えません。支払いを遅延しブラックになってしまいまいました。それでも生活費のお金が必要なのです。そんな時に自分みたいなブラックでもお金を借りられるところを探してみたんです。思いのほか良いところが見つかりました。
もう生活レベルは落とせない
お金を借りる事になれていってしまい2件、3件と借り入れが増えました。最終的には自己破産をしましたが、お金に困るのは変わりません。でもそんなときにお金を借りられるということは精神的にも救われました。
学生時代に作ったクレジットカードでブラックに