同じ色したキャッシュカードの罠

MENU

同じ色したキャッシュカードの罠

私がお金を借りたのは某銀行のカードローンでした。お金が必要になったのは離婚するときの引っ越し資金が必要だったからです。

 

離婚して再スタートを切るのに貯金は必要だとわかってはいましたが、日々の生活でいっぱいいっぱいで敷金礼金を貯金する分はありませんでした。

 

このままだといつまでたっても離婚できない、別居しないと今まで同じ生活を続けることになる。そういう思いはあったので苦肉の策でお金を借りることにしました。

 

初めは敷金礼金の30万だけのつもりでした。でも融資枠が100万円あったので、家具を買ったり今までできなかったちょっとした贅沢をしたり…誘われたビジネスを始めたりして、気がつけば融資枠全額の100万円を借りていました。

 

人のお金なのに自分のお金と勘違いして、自分の銀行のキャッシュカードと同じようにどんどん引き出していました。あ、と思ったときにはもう遅く返済することしか道はない状態でした。

 

でも恐怖はここからでした。返済は借りるよりもずっとずっと難しく困難な道でした。私の場合月1万の利息と残りの返済、2万返済しても1万しか元金は減っていない状態です。でも私は銀行のカードローンのためまだ金利は低い方、これが銀行以外のところだったらどんな利息になっていたのか心配で心配で本当に仕方なかったです。

 

今では心改めきちんとお金を返していますが、先がまだ見えない状態のため常にため息が出て未来が怖い毎日を過ごしています。

 

お申し込み